ハンバーグのビアドリット
兵庫県豊岡市創業-但馬牛ハンバーグ専門店

ハンバーグのビアドリット

専門店のハンバーグを食べてみて!

 

■『おいしいー!!』と言っていただいた皆様に、聞いてみました!

「どんなところがよかったですか?」

・『中からスープがジュワーって出てきた!』(肉汁のことかな!?)
・『ふわふわ~♪』『やわらかい!』
・『くどくない』『臭くない』

ありがとうございます♪

それはきっと、
『ビアドリット』のハンバーグはこんな風に作っているから!

 

■但馬牛(黒毛和牛)を贅沢に使ってます!

知る人ぞ知る「ザ・ルーツ オブ ブランド牛」
それが【但馬牛】です。
但馬牛は、各地のブランド牛の素牛(もとうし)として、全国に広がりました。
「松坂肉」「近江肉」をはじめ、あらゆるブランド牛は、例外なく但馬牛の血を引いていると言われています。
良質の和牛肉は、脂の溶け出す温度が低く、「あっさり系」でありながらコクの強い旨味があります。

 

■「牛肉100%が一番」とも言い切れないでしょ!?

せっかくいいお肉を使っても、牛肉だけだと、どうしても固くなりがちに。
そこで、何度も試作を繰り返し たどり着いたのが、鶏肉を少し混ぜ合わせること。
鶏肉だと和牛の風味を邪魔しません。

黒毛和牛の旨味を最大限に引き出しつつ、程よい柔らかさとなめらかさのあるハンバーグに仕上げました!
(割合は企業秘密!? (ΦωΦ)フフフ)

 

■「豚ひき肉」を使わないのは、なぜ?

豚肉との合い挽きハンバーグも美味しいのですが、豚の脂肪は「こってり系」の口に残る旨味と臭いが特徴。
若い男性にはもってこいですが、女性や小さなお子様・ご年配の方にはしつこく感じることも。
ビアドリットのハンバーグが使っているのは、但馬牛(黒毛和牛)と、鶏肉を少々。
だから、ジューシーなのに「くどくない」のです!!

また、化学調味料や合成保存料も使っていません。
柔らかい肉質のため、一つ一つ手作りで成形しています。
手間を惜しまず、こだわりぬいた自慢のハンバーグを、ぜひお楽しみください!